東京

講演: 株式会社クリエ・ジャパン 代表取締役 COO 渡邊克彦 様

講演: 株式会社クリエ・ジャパン 代表取締役 COO 渡邊克彦 様 : 最新情報(東京) – 異業種交流会501

◆ 日時  2016年5月31日(火) 18:30〜
◆ 会場  株式会社エルテス セミナールーム
◆ 講師  株式会社クリエ・ジャパン
代表取締役 COO 渡邊克彦 様
〈次第〉
18:30〜19:30 渡邊 様 講演
19:30〜19:50 池田会長 総括
20:00〜21:00 懇親会◆ゲスト講師◆
株式会社クリエ・ジャパン  代表取締役 COO 渡邊克彦 様
http://www.crea-japan.com/
【プロフィール】
1963年新潟県生まれ、新潟高校卒業、明治大学卒業。日本生命保険(相)において、本部の企画部門から営業現場、海外まで幅広い領域を経験。その後、(株)ディー・エヌ・エーにおいて、執行役員としてマネジメントに参画。営業統括責任者および社長室長、管理部門責任者を歴任。モバゲーなど、ソーシャルゲームの黎明期から、同社の事業成長、上場に貢献。【主な業務内容】
・Webサービス事業
・ITソリューション事業
・テクノロジーサービス(システム開発・運用)など【事業ドメイン】
・パーソナライズドビデオソリューション:PRISM
日本で初めて、かつ、唯一(※)のパーソナル動画生成ソリューション。(※2014年11月現在、当社調べ)
・ビーコンマネジメントサービス:Tangerine
Tangerine はビーコンを利用した屋内・屋外ロケーションサービスを簡単に構築・提供することができるクラウドサービス。
・テクノロジーサービス/コンサルティングサービス
事業企画や戦略企画などの上流工程からサービス開発、プロダクション環境の運用までワンストップでサポート。【設立】 2010年2月1日  【資本金】138,500,000円(資本準備金含む)【所在地】〒151-0063東京都渋谷区富ヶ谷1-21-8 ハイツ太陽212

【 テーマ】パーソナライズド動画と新潟経済貢献に向けた取組み

・日本の動画市場について

国内の動画広告市場は2015年は506億円、これが2020年には2千億円の市場になると予測されている。なぜこのように予想されるかというと、通信環境の制約が改善され様々な場面で動画を当たり前の様に見るようになってきたからである。

・パーソナライズド動画”PRISM”とは

最近のマーケティングKEYワードに「動画」「One to One」「CRM」というのがあるが、それを包含したソリューションが「パーソナライズド動画」。ユーザ属性に応じて動画素材(テキスト、画像、音声)をシステム上で自動で選択し、合成することができるため、ユーザに応じた動画を提供することが可能。去年の4月、正式にリリース。アメリカでは10年ほど前から展開されていたが、日本では初めての事例。現在は生命保険会社1社と損害保険会社1社で本格導入へ向けたテストマーケティングをしている。

・PRISM導入実績

正式にリリースしたのは2015年の4月だが技術的には4年以上前に開発。表には出していないが六本木のミッドタウンクリニックで人間ドッグを受けるとwebページで健診結果が見れるサービスを提供している。検査結果と一緒に86パターンによる保健指導の中から検査結果に合った保健指導動画が表示される。パーソナライズド動画というエンジンを開発して特許の申請を出している。それ自体は単なる仕組みでしかなく、活用方法はアイディア次第で、去年の11月からヘアーサロンで導入。再来・再再来に来て頂くのが課題で、その施策のために活用されている。

・パーソナライズ化の仕組み

1)素材のスーパーインポーズ
背景の動画の上に素材(画像・テキスト・音声をなど)をシステムで重ね合わせる事が出来る。その際にユーザーの属性によって重ね合わせる素材に違った物を選ぶことによって内容が変わってくる。

2)パーツ動画の組み合わせ
あらかじめ動画をいくつか準備しておく。それらを自由に組み合わせて一本の動画を生成する「動画結合機能」が搭載されており、ユーザーの属性や行動履歴などのパラメータにあわせて動画の出し分けが可能。

・様々な提供方法

世の中にある動画ファイル形式の殆どは基本的にMP4で、我々の技術としては属仕分けされた動画をMP4の形で作る事ができる。そのため視聴する専用のアプリなどは必要ない。HTMLメールであればサムネイル画像を貼りつけたり、QRコードを発行して印刷してお客様へお届けできる。また、パンフレットの中に動画のプレーヤーを埋め込んで、開くと動画を流すことができるなど様々な方法で提供できる。

・ビジネスモデル

開発したエンジンをパートナー会社に提供し、自社ソリューションとして展開して頂く。具体的には企画提案と動画を作るシステム環境や動画の素材の制作はパートナー会社にやって頂く。「PRISM]という名前を付けているが、そのまま使っても変えてもらっても構わない。

・新潟経済・雇用創出への貢献

パーソナライズド動画を作るための企画設計やシステムなど必要な部分を新潟の企業で請け負って、実証実験で県や市でモデルを作り、他府県に営業展開していく。そこで契約が取れれば新潟の企業の発展と雇用の創出に貢献できると思う。行政の仕組みの中に入れば継続的に企業に資金が入り、発展性もある。また、新潟はコンテンツが豊富なのでそれを活用し、新潟を「マーケティング先進県」にし、その先には「マーケティング先進国 日本」に貢献できる取り組みができればいいと思っている。

〜懇親会にて〜

  

関連記事

  1. 1月異業種交流会501東京 開催報告
  2. 3月異業種交流会501東京 開催報告
  3. ホテルイタリア軒より レストランのご案内
  4. 講演: 株式会社ダブルエル 代表取締役 保手濱 彰人 様
  5. 講演: データアーティスト株式会社 代表取締役 山本 覚 様
  6. 異業種交流会501東京 4月総会開催報告
  7. ホテルイタリア軒 2017サマービアホールのご案内
  8. ■STAR Programming SCHOOL■ facebo…

おすすめ記事

PAGE TOP